小学校受験で大切な面接対策とは

小学校受験の中でも、最も難関なのが、面接です。子ども一人で受けるタイプの面接もありますが、中には親子面接と行って、家族全員で受ける面接もあります。そこでは、どのような点に気を付ければ良いのでしょうか。親子面接の場合、最も気を付けなくてはいけないのが、親が何かを先生に聞かれている時の子どもの態度です。一般的に面接は、まず子どもの質問から始まって、次に親へ質問が流れていきます。そこで、ついつい自分の質問が終わったからと言って、適当な態度を取ってしまったり、周りをきょろきょろしてしまうような態度を取ってしまいますと、先生たちへマイナスのイメージを持たれてしまいます。特に椅子に座った状態で、足をぶらぶらとさせている様な態度を取ってしまいますと、先生は要チェックしてしまいますので、気を付けましょう。面接対策は大変ですが、小学校受験を乗り切るためにも頑張りましょう。

小学校受験でよくある面接とは何か

子どもの将来の為に、良い小学校に行かせようと考えましても、当然ですが私立の小学校になりますと小学校受験があります。この受験では、勉強が出来る出来ないよりも、先生との面接対策をきちんととっておかなくてはいけません。では、小学校受験の面接で、良くあるパターンとは一体何なのでしょうか。小学校受験の面接で多いのが、複数の子どもが一気に面接を受ける集団タイプです。これは、子ども一人一人と面接をするよりも、より個性を見ることが出来るという事で、取り入れている小学校が多いのですが、どういった所に気を付ければ良いのでしょうか。それは、出来る限り積極的に受け答えをするという事です。企業の面接とは異なり、順番に聞いていくのではなく、手を上げて答えさせる所もあります。ですので、出来る限り積極的に先生とコミュニケーションを取れるように対策を打っておきましょう。

小学校受験の面接で良く聞かれる事とは

小学校受験は、良い小学校に入学するためにも、一生懸命勉強をさせるお母さんもいる事でしょう。ですが、受験を乗り越えるためには面接もあります。ですので、事前にしっかりと面接対策も打って、面接で悪い印象を先生に与えないようにしましょう。では、面接で良く聞かれる質問とは一体何なのでしょうか。まず、今通っている幼稚園や保育園の名前がしっかりと言えるかどうか、自分の担任の先生の名前を把握しているかどうかというのを聞かれる事が多いので、今一度自分の通っている幼稚園や先生の名前をしっかりと確認しておきましょう。次に良く聞かれるのが、自分がどうやって幼稚園に行くかどうかです。何時に起きるのか、また、どうやって幼稚園に行くのか、幼稚園に持って行かなくてはいけないものは何なのかといった事を聞かれます。ですので、普段からしっかりと自分で出来る事はさせておきましょう。