小学校受験に挑戦をする際に知っておきたいこと

小学校受験に躍起になっている保護者は、全国的に増加してきており、偏差値の高さや進学実績、教育方針など、多角的な視点から進学先を選ぶことが勧められます。人気の小学校に関しては、競争倍率が高めに設定されることがあるため、早いうちから受験対策をきちんと立てることが欠かせません。特に、小学校受験に特化した学習塾なども、全国の都市部をはじめ、少しづつ増えているため、各家庭の予算の都合に合わせて、通学先を選ぶことが大切です。小学校受験のノウハウについては、素人にとって分かりにくいことが沢山あるため、指導歴の豊富な講師が在籍している学習塾を選ぶことはもちろん、経験者の意見を上手く取り入れることがコツです。また、最近では学校見学などの機会が充実している小学校もあり、進学先の候補を選ぶうえで、絶好のチャンスとなっています。

小学校受験は親子二人三脚でがんばります。

小学校受験を受けるにあたって、なぜ受けようと思ったのかは、それぞれ事情があります。公立にも、もちろん良い面もありますが、行かせたい私立小学校、国立小学校の教育方針に惹かれて、受験を決めることが多いです。私立小学校は、エスカレーター式の学校などもあります。小学校に受かって入れば、中学校、高校とエスカレーター式で上にあがれます。友人関係も、ずっと一緒なので、固い絆も生まれます。給食なども出るのがほとんどで、教育も熱心です。先生も、変わらないで同じなので、子供も安心です。エスカレーター式ではない私立小学校でも、やはり教育方針が良い小学校は人気です。国立小学校も、受験数は多いです。なぜかとゆうと、学費が安いのと、教育熱心なご家庭が多いからです。受験をすると決めたら、子供は、いろんなことを知ることが必要です。面接もあります。その為には、大半が幼児教室などに通います。小学校受験の合格の秘訣は、親子で、いろんなことを勉強することです。幼児教室だけのお勉強だけではなくて、季節の事柄や、マナー、人への優しさなども改めて、親子で学びます。それが、合格につながります。

小学校受験は将来の進学に影響する

いい小学校に入ることは将来いい大学に入ることに影響があるだろうかと疑問に思う部分があります。しかしこれは絶対に効果があります。いい小学校には子供の教育に力を入れた親の子供が入ります。したがって真面目な考え方を子供の頃からしつけられた子が多いことになります。その子たちと一緒に遊んだり勉強したりしていると悪い影響を受けることがないわけです。そして小学生の高学年になるとその子達と勉強でライバルになり競争するようになります。そうなると負けたくないと言う気持ちが育ち勉強を一生懸命する子供になる可能性が高くなります。だから小学校受験をさせていい小学校に入ることはかなり意味があることだと思われます。いい大学の生徒になればなるほどいい小学校を出ている人が増えます。受験戦争は小学校からは始まっているわけです。

幼児教室の先生からみた子どもの様子など、志望校選びには客観的なアドバイスも重要です。 伸芽会の授業体験会を全教室で行っています。 一人ひとりの子供の発達に合わせた、個人別合格プログラムで合格を実現します。 伸芽会は創立60年を迎える、幼児教育の草分け的存在です。 毎年、多くの子どもたちが伸芽会から名門小学校へ入学しています。 小学校受験なら長年の実績がある伸芽会へ